妊娠・出産と薄毛の関係

女性必見!育毛剤丸わかりサイト

妊娠・出産と薄毛の関係

女性の薄毛は、加齢による「びまん性脱毛症」が原因で起こる場合が多いのですが、若い人でも薄毛は起こります。
20代から30代の女性に起こる薄毛の大きな原因の1つが、妊娠・出産です。主にホルモンバランスが著しく変化して薄毛につながります。妊娠中は女性ホルモンの分泌が増え、毛量が豊かになる人の方が多いようです。

 

本来なら毛周期で退行期に入って抜け落ちる毛髪も、女性ホルモンの働きで抜けずにいるからです。この毛髪が出産後にホルモン分泌が元に戻ると一気に抜けます。そのため、急に毛量が減ったように感じるようです。また、出産は女性の体に大きな負担がかかります。出産後には昼夜を問わず授乳などの世話に追われ、睡眠不足にもなります。ホルモン変化に加えて疲労やストレスも薄毛の一因になっているでしょう。妊娠・出産による薄毛は一時的なものが大部分なので、あまり気に病む必要はありません。薄毛対策をするなら、授乳に影響しない頭皮につけるタイプの育毛剤がお勧めです。

 

薄毛防止の内服薬をネットで取り寄せて使うのは、控えてください。母乳に薬の成分が出る可能性があります。妊娠中に薄毛になるのは、妊娠初期のホルモンバランスが不安定な時期に多いようです。この時期はつわりで栄養を十分に摂れず、体調不良が続くことも関係しています。お腹の赤ちゃんへの影響を考え、やはり内服薬は使わないでください。


ホーム RSS購読 サイトマップ