女性の薄毛治療は皮膚科?婦人科?

女性必見!育毛剤丸わかりサイト

女性の薄毛治療は皮膚科?婦人科?

男性型薄毛の治療には、AGA専門病院があります。では、女性の薄毛はどの診療科を受診したらよいでしょうか。

 

一般的には皮膚科です。美容皮膚科で内服薬の処方やメソセラピーも受けられます。ただしホルモンバランスが影響していると思われる薄毛は、婦人科の受診をお勧めします。女性は、エストロゲンという女性ホルモンの作用で薄毛になりにくい体質です。しかし、ホルモンバランスが崩れると薄毛になる場合があります。
育毛剤による薄毛対策と併せて、婦人科で根本原因のホルモン分泌の異常を治療しましょう。妊娠・出産では若い女性でも薄毛になりますが、これは一時的な症状なので心配ありません。自己判断で内服薬などを使用すると胎児や授乳に影響が出るので避けてください。中高年女性は更年期以降にエストロゲンの分泌量が減り、薄毛になる人が増えます。更年期治療の症状が強ければ、婦人科を受診しましょう。妊娠・出産以外でもホルモンの分泌が変化することがあります。

 

冷えやストレス、自律神経の乱れ、過度なダイエットによる体重減少はホルモンバランスを崩す元凶です。卵巣の機能が不調だとエストロゲンが十分に分泌されません。薄毛の兆候とともに月経不順、月経痛、不正出血などに心当たりがあるなら、婦人科へ行きましょう。薄毛をきっかけに婦人科系の疾患が発見されるケースもあります。育毛剤を使うなら、女性ホルモンの働きを助け、男性ホルモンの働きを抑える成分配合のものがお勧めです。


ホーム RSS購読 サイトマップ